おせち料理に込められた意味って? 1月1日は「元旦」「オールインワンゲルの日」 2020.01.01 00:00 UP

新年あけましておめでとうございます!
本年も「ついラン」では更なるサービスの向上に努めて参ります。
2020年も何卒よろしくお願い申し上げます。




本日誕生日を迎える著名人

1月1日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
加藤一二三さん(80)
沢田亜矢子さん(71)
大友康平さん(64)
役所広司さん(64)
中森明夫さん(60)
ジミー大西さん(56)
増田明美さん(56)
尾田栄一郎さん(45)
庄司智春さん(44)
堂本光一さん(41)
箕輪はるかさん(40)
小林恵美さん(37)
浜田翔子さん(34)
ソンミンさん(34)
原嶋元久さん(27)
水石亜飛夢さん(24)



本日誕生日を迎えるキャラクター

1月1日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『アイ★チュウ』枢木睦月
『アイ★チュウ』枢木皐月
『アイカツ!』黒沢凛
『アイドルマスターシンデレラガールズ』鷹富士茄子
『アイドルマスターシンデレラガールズ』道明寺歌鈴
『暗殺教室』浅野学秀
『暗殺教室』自律思考固定砲台
『俺物語!!』剛田猛男
『終わりのセラフ』十条美十


元日


1月1日は「元日」。「新しい希望と決意とをもって新しい年のはじめを祝う日」とする国民の祝日のひとつ。
江戸時代から続く習慣で、元旦には門松で年神様を迎え、井戸から若水を汲んで供え、雑煮やおせち料理を食べて祝います。

おせち料理に込められた意味って?


お正月といえば定番なのが、行事食のおせち料理と雑煮。
では、みなさんはなぜおせち料理をお正月に食べるのか、料理に込められた意味についてはご存知でしょうか?
おせち料理のルーツは、季節の節目を祝い神々を祀る宮中行事「五節供」で食べられていた「御節供」という料理でした。
それが江戸時代に入って庶民に広がったのがおせち料理です。

おせち料理の一品一品にはそれぞれ次のような願いが込められています。
海老→海老はゆでると腰が曲がることから「長寿」
数の子→数の子はニシンの卵。二親(にしん)から多くの子が生まれることから「子宝と子孫繁栄」
昆布→「喜ぶ」と発音が似通っていることから、「幸福」や「家内安全」の縁起物
黒豆→「今年もまめに働けますように」という「健康祈願」
栗きんとん→漢字で「金団」と書くことや、その色から「金運上昇」
また、紅白なますやかまぼこは赤と白二色であることから縁起がいいとされています。

また、おせち料理は煮しめなどほとんどが日持ちのする料理です。
それには正月三が日はかまどの神を休ませるために極力火を使わずに過ごすようにしたという説、日々家事にいそしむ一家の主婦をお正月くらいは家事から解放してのんびり過ごさせるため、など様々な理由が伝えられています。

最近では品数が多すぎて準備に手間がかかったり、食生活の西洋化などで口に合わなくなったなどの理由で年々食べる機会が少なくなっているおせち料理。でも、この機会に新年が幸福なものになるようにという願いを込めておせち料理を味わってみてはいかがでしょうか。

名句 歌ごよみ[冬・新年]


▶「元日」今の話題はコチラ

オールインワンゲルの日


1月1日は「オールインワンゲルの日」。「肌トラブルに悩む全ての人々を救う」を企業理念に掲げるメディカルコスメの株式会社ドクターシーラボが制定。化粧水、乳液、美容液などの機能がひとつで完了する「オールインワン(多機能)」のアイテムで、高い水分保持能力を持ち、肌にやさしい保湿ゲル「オールインワンゲル」。そのパイオニアである同社の、年始に肌を健やかに保つためにスキンケアを見直し、肌の悩みのない1年を過ごしてもらいたいとの願いが込められています。日付は1年のスタートの日であり、1と1を「オール(0)イン(1)ワン(1)」と読む語呂合わせから。

▶「オールインワンゲルの日」今の話題はコチラ



前の日 < 12月31日は「大晦日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp