今までどんなところに行きましたっけ? 5月16日は「旅の日」 2020.05.16 08:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

5月16日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
鳥海浩輔さん(47)
遠山景織子さん(45)
今井麻美さん(43)
松本康太さん(41)
愛川ゆず季さん(37)
酒井彩名さん(35)
大倉忠義さん(35)
菅沼実さん(35)
横尾渉さん(34)
桜井玲香さん(26)
渡辺梨加さん(25)


本日誕生日を迎えるキャラクター

5月16日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『アイ★チュウ』麗朔空
『あんさんぶるスターズ!』三毛縞斑
『カードファイト!! ヴァンガードG』新導ライブ
『キューティクル探偵因幡』野崎圭
『銀魂』小銭形平次
『黒子のバスケ』日向順平
『サイボーグ009』島村ジョー
『咲-Saki-』水村史織
『ときめきメモリアル』早乙女優美
『NEW GAME!』鳴海ツバメ
『B−PROJECT』殿弥勒
『ブラッククローバー』バネッサ・エノテーカ
『ペルソナ4』堂島遼太郎


5月16日は「旅の日」


5月16日は「旅の日です。日本旅のペンクラブが昭和53年(1978年)に「ともすれば忘れがちな旅の心を、そして旅人とは何かという思索をあらためて問いかけること」を目的に制定しました。日付は元禄2年のこの日に、松尾芭蕉が江戸を出発して奥の細道に旅立った日にちなんでいます。
▶新版 おくのほそ道 現代語訳/曾良随行日記付き


昔の旅事情って大変?


春夏秋冬の季節の中の休みに旅をする人は多いのではないでしょうか? 
筆者自身も夏と冬の休みには美味しいものを求めていろんな場所によく行ったものです♪
今では飛行機、新幹線、夜行バスという移動手段が多いから気軽にいろんなところに行けますよね☆
では、昔の日本はどうだったのでしょうか?
今とは違って交通手段はあまりないですよね… 
今回は昔の旅事情を紹介していきたいと思います♪

特に今回は「旅の日」の由来にもなった松尾芭蕉が江戸時代前期の俳諧師ということもあるので、江戸時代に注目したいと思います☆
まず、主な交通手段は徒歩です! 江戸時代では、連日30―40㎞歩くこともあったみたいです。今では東京から京都は飛行機で2時間程度で行けますが、交通手段が徒歩に限られる江戸時代となると1日40㎞歩いたとしても2週間はかかりますよね…何とも大変ですね…とてもきついものです。
そんな徒歩による旅を支えたのが草鞋です。

次に、徒歩となると昔の人は早朝から出発していたみたいです!夜の山道などは怖いですものね…。
最後に、宿場という場所がありました。やはり、ずっと歩くときついですものね。
宿場には、文字通り旅人を宿屋に泊めたり、休ませたりするという役割がありました。また、最も重要な役割として、隣の宿場から運ばれてきた公用の荷物や通信物を、次の宿場まで運ぶという業務があったそうです。
いかがでしたでしょうか?
昔の人の体力って凄いですね!これからは、今の便利な交通手段にもっと感謝したいですね♪
▶「旅の日」今の話題はこちら

5月16日は「工事写真の日」


東京都清瀬市の有限会社多摩フォートが制定。日付は同社が業務を開始した1997年5月16日にちなんでなりました。


(ついラン編集部:肉うどん大好き)


前の日 < 健康最強!ヨーグルト! 5月15日は「ヨーグルトの日」「Jリーグの日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp