悪役(ヴィランズ)が主役『ディズニー ツイステッドワンダーランド』をTwitter分析!グッズ商品化続々でさらに話題に? 2020.05.29 17:00 UP

2019年2月に発表され、今年3月18日に正式サービスが開始した「ディズニー ツイステッドワンダーランド」。
通称「ツイステ」は、スマートフォン向け学園アドベンチャーゲーム。その舞台は、往年のディズニー制作アニメーションから着想(ツイステッド)を得た「悪役(ヴィラン)」たちの世界です。ウォルトディズニー・ジャパンが制作協力としてクレジットされている本作は、現在SNS上で人気沸騰中。

ついランでは、「ツイステ」のツイート数から、人気の話題やユーザーの注目ポイントを絞り、拡散の経緯を分析したいと思います。


「悪役(ヴィランズ)」人気に満を持して登場。話題爆発の決め手はグッズ展開との親和性?


東京ディズニーシーでは、2015-2018年のハロウィーンイベントとして、「悪役(ヴィランズ)」が主役となる「ザ・ヴィランズ・ワールド」を展開してきました。



アニメーションに登場した魅力的な「悪役(ヴィランズ)」キャラクターたちによるショーや、その「手下」キャラクターとのグリーティングは多くの注目を集めており、ユーザーたちの「悪役(ヴィランズ)」人気は充分温まっていたと言えるでしょう。
そこへ満を持して発表された「ツイステ」はユーザーが待ち望んだコンテンツだったのではないでしょうか。

ついランでは、「ツイステ」正式サービスが開始される3日前から、10週間が経った5月26日までの「ツイステ」が含まれるツイート数推移をグラフにしてみました。




「ツイステ」公式アカウントでは、リリース直前には毎日カウントダウン画像が投稿されるなど、事前の話題性にも事欠かず、リリース前日のツイート数は5,844ツイートでした。しかし、正式サービスの始まった3月18日のツイート数は、前日と桁違いの45,821ツイート。

その後は順調にツイート数を伸ばしてゆき、4月17日には「一番くじONLINE」での「ツイステ」グッズ受注販売が開始され、さらに話題に。

5月9日には、人気声優が代わる代わる出演するYoutubeチャンネル「セイチューブ」に、「ツイステ」にも出演する岡本信彦さんによるゲームプレイ動画が投稿されました。岡本さん演じる「フロイド・リーチ」はゲーム内でも人気のあるキャラクターであることから、ツイート数は119,720ツイートに上りました。

「ツイステ」キャラクターのミニぬいぐるみ制作企画が進行中と発表された5月20日のツイート数は、これまでで最も多い128,016ツイート。ディズニーリゾートでは、ぬいぐるみ・ダッフィーとの「ぬい撮り」も人気なことから、ぬいぐるみの登場はファンにとって特に嬉しいニュースですね。




話題性が右肩上がりの「ツイステ」。その人気の背景には、「悪役(ヴィランズ)」人気とグッズ発売との親密な相乗効果が見られました。今後の展開にも注目が高まりますね。

▶「ディズニー ツイステットワンダーランド」今の話題はこちら


(ついラン編集部:ニシノ)

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<分析レポートの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp