今こそ考えよう、環境について。6月5日は「環境の日」 2020.06.05 08:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

6月5日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
ガッツ石松さん(71)
檀ふみさん(66)
アン・ルイスさん(64)
中本賢さん(64)
東ちづるさん(60)
中嶋朋子さん(49)
波田陽区さん(45)
大河内奈々子さん(43)
近藤孝行さん(42)
福田萌さん(35)
長谷川潤さん(34)
おばたのお兄さんさん(32)
中島愛さん(31)
輝馬さん(30)
古川小夏さん(28)
北澤早紀さん(23)
ユリア・リプニツカヤさん(22)


本日誕生日を迎えるキャラクター

6月5日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『クレヨンしんちゃん』桜田ネネ
『ジョジョの奇妙な冒険』エンリコ・プッチ
『ジョジョの奇妙な冒険』ウェザー・リポート
『スタミュ』暁鏡司
『ストライクウィッチーズ』エディタ・ノイマン
『ときめきメモリアル Girl's Side』紺野珠美
『BLEACH』ルピ・アンテノール
『プリティーリズム・レインボーライブ』森園わかな
『VOCALOID』東北ずん子
『弱虫ペダル』石垣光太郎


6月5日は「環境の日」


1972年6月5日、国連人間環境会議で「人間環境宣言」が採択されました。日本とセネガルはこれを記念してこの日を「世界環境デー」とすることを国連に提案し、これをうけた国連総会によって記念日が制定されました。日本では1993年に成立した「環境基本法」によってこの日が「環境の日」と定められ、環境庁は6月を「環境月間」として環境保全の重要性を啓蒙する行事を全国各地で行っています。

森と林の違いとは


今日は環境の日。環境について考える一日です。
自分が出来る具体的な行動といえば何を思い浮かべますか?やっぱり節電でしょうか。最近はお家にこもることが多くなり、そうなると必然的に電気をつける頻度が多くなってしまいますね。高校時代の友人はホッキョクグマのことを思いながら全力で節電していたんだとか。
環境問題といえば、もっぱら気候変動や森林破壊のことが話題にあがります。

さて、今回は話を跳躍させて、森林…森と林と森林の言葉の違いについて調べてみました。
というのも、つい先日母との会話の中で「森と林の違いってなんぞや」という疑問が生まれたことも関係しています。…あまりにも個人的っ!ちなみに、この疑問を妹にも問いかけてみると「木の量」と返ってきました。

では、早速本題に入りましょう。
農林水産省の定義によると、自然にできた樹木の密集地を「森」、人工的に作られた樹木の密集地を「林」と呼ぶんだとか。
しかしこのような定義はあるものの、一般にはこの二つの厳密な区別はありません。
森は「盛り」という言葉が語源であるとも言われており、木々が多くこんもりと盛り上がって生い茂っているところを指します。様々な種類の木が深く生い茂るようなところを森と呼ぶそうです。

林は「生やす」を名詞化した「生やし」が語源とされており、木を生やしている場所で「森」ほどではありませんが、樹木が群がっているところを指します。一説によると、同じ種類の木が多く、木々の間隔がさほど狭くないところを林と言うそうです。
また、森に比べ、林は人々の生活に近しいところにあることも言われています。

「森林」はというと、森よりもさらに広範囲にわたって樹木が密集しているところを指すそうです。その他にも、樹木だけでなく動物や微生物などの生き物、土壌を含めた一体を森林と呼ぶのだとか。

このような結果を見てみると、記者の妹が答えた「木の量」という答えは、あながち間違ってはいないようですね。皆さんの予想は当たっていましたか?
森や林には多くの生き物の住処があり、そこには多くの命があります。それらと手を取り合って、今後も素敵な地球を守っていきたいですね。
今日は環境のことについて、これからの未来のために向き合ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、記者自身の「森」と「林」の違い予想は「森の方が強そう。林は弱そう」でした。…ほら、森は山っぽくて…大きそうじゃあないですか…。
もっと真剣に考えよう、環境のこと…。

▶水の惑星 【電子特別版】

▶「環境の日」今の話題はこちら

6月5日は「ロゴマークの日」


企業、店舗のロゴマークなどのデザインを中心に制作を行っている株式会社ビズアップが制定。ロゴデザインの効果をアピールすることが目的。日付は6と5で「ロゴ」と読む語呂合わせから。
▶「ロゴマークの日」今の話題はこちら

今日のついテク


このコーナーでは「ついつい気になる」テクノロジー、発明、アイデアを紹介していきます。

死後も愛する人々のそばに・ロボットによる「新しい弔いの形」
自分が亡くなった後も、愛する人たちに寄り添うことができたなら。
そんな願いをかなえてくれるのが、市原えつこさんが開発した「デジタルシャーマン・プロジェクト」だ。
このプロジェクトでは、生前に収録しておいた故人の人格、3Dプリントした顔、口癖、しぐさを家庭用ロボットに憑依させ、死後49日間だけ残された家族に寄り添わすというもの。
市原さんが提案するあたらしい弔いの形をご覧ください。



■市原さんについてもっと知りたい方はこちら
▶“サンタクロース”と“ナマハゲ”は何が違うのか? 市原えつこは日本的な文化をテクノロジーで切り取ってみせる

(ついラン編集部:望月アキヒロ)



前の日 < 最近甘いもの食べすぎでは?6月4日は「虫歯予防デー」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp