実は真珠じゃなかった?フェルメールの代表作の謎 7月11日は「真珠記念日」 2020.07.11 08:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

7月11日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
木の実ナナさん(74)
斉藤洋介さん(69)
藤井フミヤさん(58)
近藤サトさん(52)
葉月里緒奈さん(45)
鈴江奈々さん(40)
槙ようこさん(39)
森本亮治さん(38)
前田亜季さん(35)
加藤シゲアキさん(33)
戸島花さん(32)
井口裕香さん(32)
坂口健太郎さん(29)
石塚朱莉さん(23)
石井杏奈さん(22)


本日誕生日を迎えるキャラクター

7月11日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『アスラクライン』鳳島氷羽子
『革命機ヴァルヴレイヴ』アリー・アル・サーシェス
『機動戦士ガンダム00』
『告白実行委員会』瀬戸口優
『新世紀エヴァンゲリオン』伊吹マヤ
『ちびまる子ちゃん』みぎわ
『ハイスクール!奇面組』出瀬潔
『BLEACH』京楽春水


7月11日は「真珠記念日」


1893年のこの日、ジュエリー専門店ミキモトの創業者・御木本幸吉が世界で初めて半円真珠の養殖に成功したことに由来する。

耳飾りは真珠じゃなかった?『真珠の耳飾りの少女』


今日は真珠記念日。
パーティーではネックレスやイヤリングなどで使用しますし、パールは6月の誕生石になっています。様々な場所で目にする真珠。
文豪・菊池寛の代表作『真珠夫人』などは、数回にわたって映画化、テレビドラマ化して話題になっていますね。

今回は真珠に関連付けて、画家・ヨハネス・フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』について見ていきましょう。

『真珠の耳飾りの少女』はターバンと真珠のイヤリングをつけた少女の肖像画です。見返り美人、というやつですね。彼女の謎めいた雰囲気は「北方のモナ・リザ」とも呼ばれているのだとか。この作品は、特定のモデルを描いた肖像画ではなく、一般的な顔を描いた「トロー二ー」というジャンルの作品だという見解が大多数です。一方モデルが存在するという声も多く、その中でも最もよく知られているのが、フェルメールの長女・マリアです。
本作は当初『ターバンを巻いた女』と言われていて、もともとは耳飾りよりもターバンが注目を浴びていました。「真珠の耳飾り」がフォーカスされたのはごく最近のことでした。

さて、そんな謎の多い『真珠の耳飾りの少女』ですが、実は耳飾りは真珠ではない、という噂も…!
「え!?真珠じゃないんか~い!」
と内心筆者もズッコケてしまいました。
本作では、ヨーロッパ風の少女がエキゾチックな衣装をまとい、東洋風のターバンを巻きながら大きな真珠のイヤリングをつけています。
…時は2014年。オランダの天文物理学者ヴィンセント・アイクはイヤリングの原料に疑問を呈し「真珠ではなく、鏡みたいな反射の下塗りを持つ洋ナシ型の大きな鈴のイヤリングに見える」と主張しています。言われてみれば、そう見えなくもないような気もしますね。
他にも、当時の真珠、それも本作で描かれているほどの大きさの真珠は非常に高価で、フェルメールの身分では手に入れられるようなものではありませんでした。

『真珠の耳飾りの少女』を調べてみると、なんだか謎の多い作品で大変興味深い作品だということが分かりましたね。いつかは本物の作品を拝んでみたくなりました。
でも実は、筆者がフェルメール作品のなかで一番好きなのは、『牛乳を注ぐ女』なのですが…。『びじゅチューン!』であの歌を聞いたのはずっと前のことなのに…今でも頭から離れません…。


▶フェルメール 作品と生涯

▶「真珠記念日」今の話題はこちら

7月11日は「セブンイレブンの日」


「7(セブン)11(イレブン)」の語呂合わせから、コンビニエンスストア「セブン-イレブン」を運営する株式会社セブン-イレブン・ジャパン(現・セブン&アイ・ホールディングス)が制定。
セブン-イレブンの発祥は、1927年のアメリカ・テキサス州のオーククリフという町の小さな氷小売販売店に遡る…。店舗では、氷販売に加え卵や牛乳、パンも売るようになり、コンビニエンスストアの形態へと変化していった。
▶「セブンイレブンの日」今の話題はこちら

(ついラン編集部:望月アキヒロ)



前の日 < 世代を超えて愛される☆7月10日は「ウルトラマンの日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp