夏にもおいしい苺を… 7月15日は「うらかわ夏いちごの日」 2020.07.15 08:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

7月15日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
小池百合子さん(68)
瀬古利彦さん(64)
久住昌之さん(62)
三浦泰年さん(55)
永瀬正敏さん(54)
柴田英嗣さん(45)
唐沢美帆さん(37)
椿姫彩菜さん(36)
すみれさん(30)
柏木由紀さん(29)
久住小春さん(28)
橋本良亮さん(27)
森本慎太郎さん(23)


本日誕生日を迎えるキャラクター

7月15日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『あんさんぶるスターズ!』紫之創
『ご注文はうさぎですか?』桐間紗路
『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』終里赤音
『ツキウタ。』文月海
『ドリフェス!』天宮奏
『HUGっと!プリキュア』愛崎えみる(キュアマシェリ)
『100日間のプリンセス◆もうひとつのイケメン王宮』カイン=ロッシュ
『ファイアーエムブレムif』オーディン
『BLEACH』黒崎一護
『僕のヒーローアカデミア』緑谷出久
『僕のヒーローアカデミア』通形ミリオ
『ユーリ!!! on ICE』ジャン・ジャック・ルロワ
『弱虫ペダル』新開隼人
『ONE PIECE』ドンキホーテ・ロシナンテ


7月15日は「うらかわ夏いちごの日」


北海道浦河町が制定。町の特産品である「夏いちご(品種・すずあかね)」を、より多くの人に知ってもらうのが目的。浦河町の「夏いちご」はブランドいちごとして主に首都圏に出荷され、有名菓子メーカーやケーキ店で使用されている。日付は7と15で「夏(7)いちご(15)」と読む語呂合わせから。

夏いちごにありがとう


ショートケーキにジャム…様々なスイーツに使われる甘くて可愛らしい苺。一般的に日本の苺の旬は12月~6月までなので、夏や秋には苺は出回りません。例えば、「あまおう」とか「とちおとめ」といった品種がポピュラーですよね。
そんな普通の苺が出回らない時期に、国内で生産されているのが「夏秋いちご」…通称夏いちごです。
夏いちごが国内で生産されるようになったのは、ここ20年くらいです。それ以前はアメリカなどから輸入することで、夏秋期にも苺を食べていたのだとか。

夏はスイカやぶどうなど…様々な果物が旬を迎えます。わざわざ夏に苺を食べなくてもいいや~、という方もいらっしゃるでしょう。しかし、一年中苺を必要としている人はたくさんいます。

ケーキ屋さんやイチゴを使ったスイーツを売りたいアミューズメントパークです。

ショートケーキやクレープ…様々な場面で大活躍する苺。飛ばない豚がただの豚なように、苺のないショートケーキはただの生クリームとスポンジなのです。そんなの寂しいじゃあないか。

そこで立ち上がったのが、夏いちご農家さんたちでした。

冬から春にかけてできる苺と夏いちごは品種が異なります。一般的に前者は「一季なり」、後者は「四季なり」と呼ばれています。一季成り品種は、低温にならないと花がつかないので、冬から春の低温の時期にしか収穫できません。一方、四季なり品種は高温や日照時間が長い場合でも花を咲かせて実をつけてくれます。それでもやはり、苺というのは暑さに弱いので、夏でも涼しい寒冷地や標高の高い場所が適しているのだとか。やはり夏にできる苺というのは…限られた地でなければならないようです。

農家さんたちのたゆまぬ努力のおかげで、我々は夏にもおいしい苺が食べられるのですね…!いちご農家さんっ…!感謝っ…!圧倒的感謝っ…‼
夏いちごを食べる際は、感謝の心を忘れず味わっていきたいです。




▶農業男子とマドモアゼル イチゴと恋の実らせ方

▶「うらかわ夏いちごの日」今の話題はこちら

7月15日は「ホッピーの日」


1948年のこの日、麦酒様清涼飲料水「ホッピー」の製造販売が東京赤坂で開始されたことから、販売元のホッピービバレッジ株式会社が制定。ビールがまだ高級品であった頃に、代用品として登場したと言われる。
▶「ホッピーの日」今の話題はこちら

(ついラン編集部:望月アキヒロ)



前の日 < 小腹にどうぞ!ぷるん!の食感♪7月14日は「ゼリーの日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp