『Nizi Project』が日本を席巻した理由をTwitter分析!次世代アイドルグループ誕生の舞台! 2020.07.16 12:00 UP

韓国大手事務所JYPエンターテイメントとソニーミュージックによる共同ガールズグループプロジェクト「Nizi Project」(以下「虹プロ」)が、先月6月26日(金)にファイナルステージを迎えついにデビューメンバーが発表されました。
誕生したグループの名は「NiziU」。平均年齢は16.8歳で、メンバーは9人構成。グループ名にはプロジェクト名の「NiZi」と「Need You(君が必要)」という意味が込められています。

2020年秋にデビュー予定ですが新曲は既に番組内でも発表されており、YouTubeの「JYP Entertainment」チャンネルでも新曲『Make you happy』のM/Vが公開されています。
再生回数は約2週間で5000万回以上(7月16日時点)を叩き出し、彼女たちの人気は今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。

そんな「NiziU」を生んだ「虹プロ」は、ファイナルステージを迎える前から絶大な注目を集めていていました。

世界で活躍できるガールズグループの発掘・育成を掲げ、J.Y. Park氏により昨年7月から始動した「虹プロ」。日本やアメリカなどを含む全10都市にてオーディションが開始され、応募者が殺到しその数はなんと1万人以上! 地上波でもSNS上でも大きく取り上げられた「虹プロ」ですが、去年から行われていた企画というには本格的に話題となったのはここ最近の出来事に感じます。

いったいいつ頃から「虹プロ」はファンの人々を超え有名になったのか、その時にどんなきっかけがあったのか。

ついランでは「Nizi Project」のツイート数から、日本中から人気を集めた「虹プロ」の軌跡や人気の推移を分析してみました。

いつから『虹プロ』はヒットしていた?


「虹プロ」のオーディション番組がHuluにて独占配信されると公表された2020年1月20日~「虹プロ」最終オーディションを終えた後の数日間まで。
上の期間を「Nizi Project」というワードが含まれるツイート数を基準にグラフ化したものがこちら。

※上のグラフ内コメントはHuluおよび日テレ「スッキリ!!」の放送に基づいたものです。

集計期間中の推移をみるに「虹プロ」の知名度が本格的に上がったのは6月5日だと分かります。この日まで「虹プロ」含むツイート数は多くて4,000ツイートだったのが、一気に8,227ものツイート数をたたき出しました。

この日「虹プロ」が急激に人々の注目を集めるには、どのようなきかっけがあったのでしょうか。
6月5日配信されたHuluのEP7では、マヤチームのパフォーマンスや練習風景が放送され、続いてスッキリ!!の方でもその内容の特集が放送されました。

マヤチームのメンバーは(写真左から)ユナ・アカリ・ミイヒ・マヤさんの4人。
彼女たちのステージは今まで以上に素晴らしいものでしたが、しかし視聴者の注目をそれ以上に集めたのが彼女たちに対するJ.Y. Park氏の評価でした。

J.Y. Park氏はユナ・マヤ・アカリさんたちのパフォーマンスをそれぞれとても良く評価し、その言葉にメンバーのみならず観戦していた他の練習生たちも涙を流します。私も流します。
特にユナさんは前2回のステージともJ.Y. Park氏から厳しい評価を受けており、彼女の才能の開花にファンからも喜びの声が多くツイートされました。

ですがいい評価が続いた中、最後のメンバーであるミイヒさんだけはほめてもらえることができず、J.Y. Park氏は今回彼女がプレッシャーから実力を発揮できていなかったのではと語りました。

J.Y. Park氏からのこの指摘にミイヒさんは自分が人知れず大きなプレッシャーを抱えていたことを明かします。
真摯に言葉を受け取っていたミイヒさんでしたが、ステージを降りた先ではメンバーから気持ちに気づけなくて申し訳なかったと言葉を受け涙を流す姿が見られました。私も泣きました。



6月5日に「虹プロ」と同時に呟かれたワードからも、スッキリ!!の特集で彼女たちのステージのレベルの高さ・メンバー同士の絆の深さに心打たれた人は多く、この回をきっかけにして「虹プロ」は知名度だけでなくアイドル、また人としての人気も上がったと言えるでしょう。


続く6月12日も「虹プロ」の注目度は上がり続け、これまた初の1万ツイート越えを果たします。
放送内容は残り2チームのステージとチームバトルの結果発表、そして個人順位の結果発表でした。
結果は前の週で注目を集めたマヤチームが1位、そして1位にはなれなかったものの立派にチームリーダーを務めあげたマコさんが個人順位で1位を獲得しました。ほかにもリオさんやマユカさんが前回に対し大きく順位をジャンプアップさせたことも話題となっています。

しかしこの回でモモカさんが2度目の13位……突然の別れとなってしまいました。

モモカさんの脱落にファンの人々は残念に感じながらも、モモカさんへ多くの労いのコメントをあげられました。

こうして大波乱の末終えたチームバトルミッション。
残すはファイナルステージ、そしてデビューメンバーの発表のみとなりました。


「虹プロ」のファイナルステージ、そしてデビューメンバー発表に際しスッキリ!!では6月15日(月)~10曜日連続で特集が組まれ、「虹プロ」への人々の注目は衰えることはありませんでした。

特にファイナルステージの前日(6月25日)にはSNS上でファンの方々による最終順位やデビューメンバーの予想が行き交い、18,226にもおよぶツイートがありました。


ファイナルステージでは2チームに分けられ、現在YouTubeにてM/Vも配信されているデビュー曲『Make you happy』のステージ対決も行われました。
どちらのチームも最後の集大成として完成された圧倒的パフォーマンスを見せつけます。

そして発表されるグループ名とデビューメンバー。
筆者も深夜1時に起きてみてしまいました……。

結果としてデビューメンバーに選ばれたのは(写真左から)マヤ・リオ・マユカ・リク・マコ・ミイヒ・ニナ・マヤ・リマの9人。
SNS上ではデビューが決まった9人のメンバーたちだけでなく、惜しくも夢かなわなかったほか3人のメンバーたちへも多くのコメントがよせられ、「虹プロ」は最終日73,151ものツイート数を記録し終えました。

「虹プロ」ファイナルステージ終了直後は新デビューグループ名「NiziU」に関するツイートが爆発的に増え、公式NiziUのフォロワー数も現在51万人を突破しています。
世界で活躍できることを目標に結成されたk-popアイドルグループ「NiziU」。彼女たちの世界での活躍はまだまだこれからが楽しみです。


現在『虹プロ』はHuluにて配信中!▶Hulu『Nizi Project』
またYoutube「NiziU Official」チャンネルでも今までの虹プロを追っかけ配信しています!
▶Youtube「NiziU Official」



『虹プロ』の魅力に取りつかれる人続出


1万人の応募者から始まり地域予選・東京合宿を経て、韓国合宿のミッションで注目を集めていった「虹プロ」。
ステージを迎える度成長していく彼女たちの姿に心を打たれるアナウンサーや、ドハマりする芸能人も続出しました。





様々な番組に引っ張りだこのアイドル・指原莉乃さんや、モデルの枠を超え女優としても活躍する高橋メアリージュンさんなど、芸能人の方の中でも「虹プロ」ファンと公言する方も多く見られました。

お笑い芸人ドランクドラゴン塚地武雅さんは先ほど紹介した高橋メアリージュンさんとともに『虹プロ』の応援番組『虹のかけ橋』にもゲストで招かれるほど『虹プロ』の大ファン。
YouTubeでは塚地さんの「友達」であるグラリオサ音子さんが『虹プロ』および『NiziU』への熱い思いを語っています。


またマツコさん有吉さんは番組内で『虹プロ』の魅力をプロデューサー・J.Y. Park氏から語るなど、『虹プロ』をまた少し違った視点で語られていました。

▶「Nizi Project」今の話題はこちら
▶「NiziU」今の話題はこちら

(ついラン編集部:座布団)

【これまでのTwitter解析記事】
▶コラボが目白押し?「第五人格」人気の秘訣をTwitter分析!
▶『すとろべりーぷりんす』大人気の秘密をTwitter分析!魅力はリスナーのために頑張る姿?
▶「あつまれ どうぶつの森」はもはや第二の社会になっている!? Twitter分析で見えてきた人気グループ「すとぷり」とは?
▶『鬼滅の刃』最終話までの1年間をTwitter分析!人気になったのはいつから?

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<分析レポートの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp