『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』の話題をTwitter分析!みんなで旅に出てみませんか? 2020.08.21 17:00 UP

17年前にゲームキューブ用ソフトとして発売された、「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」。(以下、「FFCC」)
ファイナルファンタジーシリーズのメインシリーズとは別の物語で構成された、温かみのあるデザインと洗礼された音楽に定評がある、何度でもプレイしたくなる魅力ある作品です。
そんな色褪せない名作である「FFCC」のリマスター版が、8月27日に発売されます。




今回は、リマスター版発売に伴い、「FFCC」が含まれるツイート数から人気の話題と、作品の魅力をご紹介いたします。

色褪せない思い出、何度でもみんなで旅に出たくなるゲーム「FFCC」


「FFCC」が発売して、今月で17年の歳月が経ちました。
筆者も小学生時代は、ほぼ毎日友人とマルチプレイで冒険に出るほどやりこんだゲームで、リマスター版の発売が待ち遠しいです。

ついランでは、発売日が決定した5月28日から8月10日にいたるまでの、「FFCC」が含まれるツイート数推移をグラフにしました。



ゲームの発売日が決定した5月28日は、一度発売が延期となっていることもあり、25,540tweetされ話題となりました。
また、公式Twitterにてゲーム内で重要なアイテムとなるクリスタルケージが当たるキャンペーンも開始され、3.4万リツイートをされる盛り上がりとなりました。




続いて、6月11日はゲームに関する様々な情報が解禁され、2,966tweetされました。
オリジナル版ではキャラクターボイスは実装されていませんでしたが、リマスター版では声が吹き込まれることが決定。

「オレは、ただの旅好きモーグリさ」でファンにはお馴染みのモーグリ、スティルツキンの担当声優が子安武人さんに決まったりと、声優陣の豪華さが話題にもなりました。
ファミ通TUBEで先行プレイをしたレビュー動画がアップされており、実際にボイスを聴くことができます。



6月26日には、ファイナルトレーラーが公開され話題となり、9,529tweetされました。
また、無料体験バージョンである「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター Lite」の発表もありました。
リマスター版は最近「Dead by Daylight」でも実装され話題となった、ハードをまたいで通信ができるクロスプラットフォーム対応になっており、Switch、PS4、スマホで楽しむことができます。
Lite版では通常3ダンジョンのプレイとなっていますが、製品版を持っている人と通信プレイすれば、13ダンジョンが無料で楽しめる豪華仕様です。
さらに、Lite版でプレイしてから商品購入をした場合でもデータの引継ぎができるので、一からやり直す必要もありません。

オリジナル版では、ゲームボーイアドバンスを専用ケーブルで接続しなければマルチプレイができずハードルが高かったですが、今回は気軽に友人を誘うことができるのも嬉しいですね。



また、同日にプレゼントキャンペーン第2弾として、アートグランプリを開催。
多くのファンがイラストや、キャラクターをモチーフとしたお菓子の写真などを投稿し、心待ちにしている様子が伺えました。




オリジナル版より楽しめる?リマスター版の新要素とは



今回、「FFCC」が含まれるツイートの年齢を分析したところ、オリジナル版が発売された当時は学生だった、20代から30代で70%以上をしめる結果となりました。

新要素に関するツイートも多くみられ、オリジナル版をプレイしたことがあるユーザーが注目していることがわかります。



ここからは、すでにオリジナル版をプレイしたユーザーも気になっている、新要素を紹介します。

先ほども触れましたが、クロスプレイ機能が実装され、プラットフォームが関係なく遊べるようになっています。
昔プレイをしていた友人と離れていても、一緒に旅に出れるのは嬉しい要素ですね。
ただし、今回はローカル通信が非対応のため注意が必要です。

また、 ゲーム内で仲間を募集し、チャットでコミュニケーションをとりながらマルチプレイをすることも可能です。
友人にとどまらず、多くの「FFCC」ファンと冒険に出かけられるのも楽しみです。




続いて、キャラバリエーションの増加です。
4種類の種族が存在し、オリジナル版では1種族につき8種類のキャラバリエーションとなっていましたが、リマスター版では2種類ずつ増え、全40種類となりました。




また、ものまね機能の実装もされ、ストーリーを進めていくと出会うことができるキャラクターのビジュアルで冒険することも可能になりました!
黒騎士がとても大好きなので、本当に嬉しい機能です。




そして、オリジナル版では全14ダンジョンとなっていましたが、新しく「高難易度ダンジョン」として、毒キノコの森などが実装されます。
オリジナル版をやりこんでいる人の中には、いつどこでどのモンスターが出てくるのか大体覚えている人もいると思いますが、新鮮な気持ちで挑めるダンジョンの実装は有難いです。

「高難易度ダンジョン」実装に伴い、装備品やアーティファクトという、キャラクターを強化するアイテムも新しいものが実装されるとのことで、やりこみ要素が増えたのも楽しみです。




その他にも、同じ村のキャラクター同士のアイテム移動や、所有アイテム数の増加、ストーリーの回想機能の実装など、オリジナル版からの進化がたくさんあります。

また、「FFCC」を語る上で欠かせない楽曲たちも、新曲や新規収録、リミックス版の収録などさらにパワーアップしているようです。
サウンドトラックの発売も待ち遠しいですね!




リマスター版発売まで1週間を切りました。筆者はすでにダウンロードを済ませ、待機しています!
オリジナル版で冒険をしていた人はもちろん、初めての人でも気軽にスマホから無料でLite版のプレイができるので、ぜひこの機会に冒険に出てみてはいかがでしょうか。


▶「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」今の話題はこちら

(ついラン編集部:ゆりかわ)

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<分析レポートの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp