バスタオル必須、涙なしでは観れない『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』をTwitter分析! 2020.10.09 17:00 UP

 
開始5分で泣いたという人もいるほど、多くの人が感動の涙を流した現在上映中の「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。
公開から20日経過した現在、興行収入11億を超えており、動員数は75万人を突破する人気で、東京国際映画祭のジャパニーズ・アニメーション部門への出展も決定しました。


今回ついランでは、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の魅力をご紹介します。

愛を知るための物語「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」とは


元軍人で武器として戦っていた「ヴァイオレット」。
戦争が終わり、上官である少佐が最後に告げた「愛してる」を知るために、自動手記人形となり代筆サービスをはじめます。
武器として育てられ、感情がないといわれた「ヴァイオレット」ですが、好きな人に宛てた恋文や、親や兄弟など家族に向けた手紙など、いろんな人の「愛してる」を目の当たりにして成長し、愛を知っていく物語です。



アニメーション制作は京都アニメーションとなっており、繊細で透明感のある映像と細かく書き込まれた背景がさらにこの作品を魅力的にしています。
また、音楽にも定評があり、オーケストラコンサートも開催されるほど。
その映像美と音楽に圧倒される視聴者も多かったのではないでしょうか。



2018年にアニメが放送され、昨年には「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -」が上映。そして、2度公開が延期にはなったものの、今年の9月18日に満を持して「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が公開されました。



涙が止まらない、「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」


今回ついランでは、「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が公開された9月18日から現在に至るまでのツイートを年齢、男女別で比較してみました。



男性の総ツイート数が46,135tweet、女性の総ツイート数が30,266tweetと男性の方が多い結果となりましたが、20代では女性の方がツイート数が多く、男女関係なく楽しめる作品であることがわかります。

劇場公開されてから10代から40代までの各世代でのツイート数は10,000tweetを超えています。筆者が劇場に足を運んだ際も家族で観に来ている方も多く、世代を超えて愛される作品と言えるでしょう。

そして、同じ日に公開となった注目の話題作「TENET」を抑え、初日満足度ランキングで1位を獲得。(Filmarks調べ)
これも世代や性別を超えて愛される作品だからこそなのではないでしょうか。




また、「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」では、入場者プレゼントとして、書きおろし短編小説がもらえるようになっており、第一弾では、全3種がランダムで配布されました。
この特典を手にするために何度も劇場に足を運んだ方も多いのではないでしょうか。



続いて、10月2日以降に第二弾の配布がスタート。
筆者はこちらを手にしたのですが、限られた時間では語ることのできなかったキャラクターの考えや背景が詰め込まれた、より作品の魅力が増す素敵な一冊となっています。
表紙もとても素敵で、「ヴァイオレット」の後ろ姿を見るだけで涙する人も…
まだ配布している劇場もあるようなのでぜひ、チェックしてみてください。



Twitterでも感動して泣いてたと多く投稿されており、噂を聞きつけた歌手のオーイシマサヨシさんがバスタオルを持参したというツイートが4.9万いいねされました。
筆者も普通のタオルを持参し劇場に足を運びましたが、バスタオルにすればよかったと後悔しました。


映画館では現在マスクが欠かせない存在となっていますが、マスクが涙でぬれてしまう事案も発生…!
タオルだけではなく、マスクの替えも劇場に持っていくことを推奨する声も多くみられました。



アニメを観ていなくても楽しめる内容とはなっていますが、アニメとリンクしている話も多くあるので、アニメ視聴後の方がより楽しめる作品となっています。
アニメと昨年公開された「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -」はネットフリックスで配信されています。

また、5分でわかる「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」も第3回までYouTubeに投稿されていますので、ぜひ必修し、バスタオルと替えのマスクを持って劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。



▶「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」今の話題はこちら

(ついラン編集部:ゆりかわ)

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<分析レポートの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp