自分の好きを隠さず好きと言える世界に 10月11日は「カミングアウトデー」 2020.10.11 08:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

10月11日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
川久保玲さん(78)
高畑淳子さん(66)
秋川雅史さん(53)
金城武さん(47)
阪口大助さん(47)
ケイン・コスギさん(46)
日下部基栄さん(42)
秦基博さん(40)
杉田智和さん(40)
泉里香さん(32)
奥村初音さん(30)
春奈るなさん(29)
西山宏太朗さん(29)
沖田彩華さん(25)


本日誕生日を迎えるキャラ

10月11日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
『アイドルマスターSideM』古論クリス
『アイドルマスターシンデレラガールズ』服部瞳子
『青の祓魔師』神木出雲
『A3!』七尾太一
『カードファイト!! ヴァンガードG』安城マモル
『劇団アルタイル』護国寺ミカド
『コードギアス 反逆のルルーシュ』ユーフェミア・リ・ブリタニア
『涼宮ハルヒの憂鬱』キョン
『ディズニーツイステッドワンダーランド』ジャック・ハウル
『NORN9 ノルン+ノネット』吾妻夏彦
『ブラッククローバー』ラック・ボルティア
『プリンス・オブ・ストライド』支倉ヒース
『ラクエンロジック』ニーナ・アレクサンドロヴナ


10月11日は「カミングアウトデー」


神奈川県横浜市に事務所を置くNPO法人バブリングが記念日登録を申請。LGBTなど社会的にマイノリティとされる人々をはじめとして、ありのままの自分を表現できずにもがいている全ての人が「大切な人と自分らしく生きていきたい」とカミングアウトするきっかけの日とするのが目的。日付は1987年10月11日にアメリカで多くのLGBT活動の団体が誕生する契機となったワシントンマーチが行われた日(National Coming Out Day)であり、同法人の設立日が2014年10月11日であることなどから。

自分らしく生きていきたい


本日10月11日は「カミングアウトデー」です。
この日は自身の性自認や性的指向をカミングアウトアウトしたLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の人々を祝い、人々の認識向上やカミングアウトできない人たちを励ますことを目的に制定された記念日です。
またLGBTの枠にもとどまらず、自分の好きを好きと言える日として捉えられることもあるそうです。

現在の日本ではG7の中で唯一、同性婚もシビル・ユニオンも法制化されていない国です。

2015年に渋谷区・世田谷区で導入されたことから「同性パートナーシップ証明制度」が日本に広まりつつあります。2020年10月11日時点では約50以上の市町村が制度の挿入をされていますが、まず「証明」と謳っていることからも分かる通り、こちらの「制度」に法的効力はほとんどありません。

本来の「同性のパートナーシップが婚姻と同等であると承認する」という趣旨とは変わってしまっており、「LGBTなど性的少数者のカップルを公的に認める」ことに制度はとどまってしまっているのです。

しかし一般の人々の間では、教養や知識としてLGBTというもの存在は広まりつつあり、映画作品も作られるなどしました。


2017年に公開された『彼らが本気で編むときは』。
生田斗真さんが(手術後の)女性役として演技されていたことで大変話題を呼びましたが、ストーリーもまた素晴らしいものです!一風変わった3人の関係とどこにでもあるような日常を描いた作品が、多くの反響を呼びました。



こちらは2019年にテレビドラマ化された作品『きのう何食べた?』。ゲイカップルのあるあるや日常を描きながら、「飯もの」「料理」作品としても人気を博しました。



『ピンクー にじのでるばしょ』はスペインの作家さんが作られた絵本です。LGBT作品ではありませんが、作者のオルガさんの述べられた言葉は本日の趣旨に合っていますね。

日本はまだまだ同性カップルに向けた環境が発展途上ではありますが、意識の変化はここ数年で少しずつ広まりつつあると感じます。今後、国が同性パートナー法(欧米の登録パートナーシップ制度やシビルユニオンのような)を制定する日が早く来手ほしいと思います。

▶ゲイ風俗のもちぎさん セクシュアリティは人生だ。

▶「カミングアウトデー」今の話題はこちら

10月11日は「ウインクの日」


「10」と「11」を横にすると、ウィンクをしている眼のように見えることから作られた。もともとは女子高生の間で流行したおまじないで、朝起きた時に好きな人の名前の数だけウィンクをすると、片思いの人に自分の気持ちが伝わるというものであった。「ウィンク」の語源はドイツ語の「winken」で、本来は「(物理的に)目を閉じる」という意味であったが、イギリスの小説家チャールズ・ディケンズが親しみの比喩表現として使ったことから現在の意味で使われるようになったと言われる。

▶「ウインクの日」今の話題はこちら

(ついラン編集部:座布団)



前の日 < 10月10日は「銭湯の日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp