『超兄貴』(ちょうあにき)は、1992年12月25日に日本のメサイヤから発売されたPCエンジンSUPER CD-ROM²用横スクロールシューティングゲーム。 天界の命を受けた主人公の「イダテン」および「ベンテン」を操作し、プロテイン採掘プラントを乱立させ近隣星系を無差別侵攻している「ボ帝ビル」を倒す事を目的としている。登場キャラクターや背景などにおいて筋肉美を強調した世界観を特徴としている。 開発はNCSおよびWINDSが行い、プロデューサーは『改造町人シュビビンマン』(1989年)を手掛けた土田俊郎が担当、音楽はPCエンジンCD-ROM²用ソフト『SOL BIANCA』(1990年)を手掛けた葉山宏治が担当、キャラクター・デザインは『改造町人シュビビンマン3 -異界のプリンセス-』(1992年)を手掛けた永井一成が担当している。 2003年にWindows用ソフトとしてプロジェクトEGGにて配信された他、2007年にWii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信、2010年にPlayStation 3およびPlayStation Portable用ソフトとしてPCエンジンアーカイブスにて配信、2016年にWii U用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された。 本項では、これを原典として製作されたゲーム続編(移植作含む)、および各メディア作品についても解説する。詳細は目次からそれぞれの項目を参照のこと。
超兄貴」 (2020/6/2 06:45) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.02.03〜(06週)

:0% :0%40代男性

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

<関連記事>

<最新記事>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp