ガラムマサラ おでかけ

ガラムマサラ(ガラムマサーラー、 garam masala ; گرم مسالا ; गरम मसाला )は、主にインド料理で使われているミックススパイスである。 「辛いスパイス」と訳されることがあるが、辛味よりも香りをつけることを目的に使われる。ヒンディー語の "garam" には「暑い」「熱い」という意味はあるが「辛い」という意味はない。 熱い香辛料と呼ばれる由来は、作る過程で熱を加えるためである(後述)。また、石井利一(S&Bスパイスクッキングアドバイザー)は、「『ガラム』は、“触れてあたたかい”というニュアンス。インドでは、それぞれの家庭で独自の配合で作られていることから、日本でいうところの『おふくろの味』といったイメージがある」と述べている。 日本ではガラムマサラはギャバンの登録商標(第1586997号、区分はスパイス類など)である。そのため、商品名やブランド名として他社が使う事はできないが、「ガラムマサラ」は一般的な名詞のため中身を示す言葉としては使う事は出来る。
ガラムマサラ」 (2020/3/15 00:32) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.06.29〜(27週)

:0% :0%30代男性

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

<最新記事>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp