ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ゲーム

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(ドラゴンクエストファイブ てんくうのはなよめ)は、1992年9月27日に日本のエニックスから発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲーム。 主人公を操作し、伝説の勇者を捜し出し「光の教団」を倒す事を目的としている。同社の『ドラゴンクエストシリーズ』(1986年 - )第5作。前4作はファミリーコンピュータで発売されてきたが、本作は後継機スーパーファミコンで発売された初のドラゴンクエスト作品である。キャッチコピーは「愛がある、冒険がある、人生がある」。PS2版は「強き心は時を越えて」。DS版は「冒険という、もう一つの人生」。タイトルロゴには3つの輪が描かれている。 開発はチュンソフトが行い、前作からスタッフを引き継ぐ形でプロデューサーは千田幸信、シナリオおよびゲーム・デザインは堀井雄二、音楽はすぎやまこういち、キャラクター・デザインは鳥山明が担当している他、新たに前作までプログラムを手掛けていた山名学がディレクターを担当している。 リメイク版として2004年にPlayStation 2(以下PS2)版が、2008年にニンテンドーDS(以下DS)版が、スマートフォン(iOS、Android)版が2014年12月12日に発売されている(PS2版およびDS版はのちに廉価版「アルティメットヒッツ」として発売された)。 当時のエニックスがSNES(日本国外版スーパーファミコン)に参入しなかったこともあって、長らく日本国外では発売されなかったが、2009年、DS版が北米で『Dragon Quest V: Hand of the Heavenly Bride』として、欧州では『V』を除いた『Dragon Quest: The Hand of the Heavenly Bride』として発売された。 ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」において、スーパーファミコン版およびニンテンドーDS版はプラチナ殿堂、PlayStation 2版はゴールド殿堂を獲得した。 後に天空シリーズとしての続編『ドラゴンクエストVI 幻の大地』(1995年)が発売された。以降、特記が無い限り、オリジナルであるスーパーファミコン版について述べる。
ドラゴンクエストV 天空の花嫁」 (2020/9/25 07:07) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.09.26 12:00

:0% :0%20代男性

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

ドラゴンクエストV 天空の花嫁の関連トピック

ドラゴンクエスト フローラ ブックレット 東京ラブストーリー ウルトラマンZ
いいね!
Follow @tsuiranjp