検察側の罪人 映画

『検察側の罪人』(けんさつがわのざいにん)は、雫井脩介による日本の小説。『別册文藝春秋』の2012年9月号(301号)から2013年9月号(307号)まで連載され、2013年9月に文藝春秋から単行本が刊行された。 「時効」をストーリーの着想の端緒とし、検事を作品の主題として選んでおり、取材には元検察官の郷原信郎が協力している。 2013年の『週刊文春ミステリーベスト10』の国内部門4位に選出されたほか、宝島社の『このミステリーがすごい! 2014年版』の8位となった。文芸評論家の郷原宏は、現行の司法制度の問題点を描いた「すぐれて社会的な司法ミステリー」であると評価している。
検察側の罪人」 (2020/5/23 14:12) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.06.03 14:00

:0% :0%20代男性

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

検察側の罪人の関連トピック

二宮和也 Amazon 木村拓哉 Amazonプライム

<最新記事>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp