アイドルマスター シャイニーカラーズ コミック ゲーム

『アイドルマスター シャイニーカラーズ』 (THE IDOLM@STER SHINY COLORS) は、バンダイナムコエンターテインメントが2018年4月24日にサービスを開始した育成シミュレーションブラウザゲーム。略称は『シャニマス』。 プラットフォームにはバンダイナムコエンターテインメントが株式会社ドリコムと合弁で設立した、BXDのHTML5ブラウザゲームプラットフォーム『enza』が用いられており、本作は同プラットフォームのローンチタイトルである。2018年2月7日にニコニコ生放送・YouTube・LINE LIVEで、キャラクターの一部やゲームシステムに関する情報が発表された。初めはスマートフォンブラウザ向けとしてリリースされ、2019年初頭でセーブデータを共有したPCブラウザ向け、およびアプリ版(Android/iOS)のリリースが予告、後に配信を開始(下記)。 enzaの仕様上、リリース時点では日本国外のipでの通信(プレイ)には対応していないが、早い段階でグローバル展開を行う予定。また、バンダイナムコのコンテンツ用通貨であるバナコインとは別に、enza用の「enzaポイント」が新たに設けられている。 2019年3月13日よりApp Store(iOS)Google Play(Android)向けのアプリ版が配信開始されるとともに、PCブラウザでの動作を公式に認めるようになった。これらはenzaアカウントを使用すれば、ブラウザ・アプリともに共有して遊ぶことが可能。 アイドル育成と全国のプロデューサー(プレイヤー)間のライブ対戦を基本的なゲームシステムとしており、フィーチャーフォンおよびスマートフォンといった携帯端末でリリースされていたタイトルとしては初の、初代『THE IDOLM@STER』から続く1stシリーズをモチーフとしたゲーム体系となっている。3Dモデルを用いた動きの伴う立ち絵に倣う形で、本作では、2Dのモーフィングアニメーションを取り入れている。 舞台設定としては横繋がりがある他のアイドルマスターシリーズから独立した形態を取り、283(ツバサ)プロダクション所属のプロデューサーとして、個別にユニットが編成されたアイドル達をプロデュースしていく。 また、舞台となる事務所や公園等は東京都多摩市の聖蹟桜ヶ丘駅周辺をモデルとしている。
アイドルマスター シャイニーカラーズ」 (2020/11/23 20:56) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.10.19〜(43週)

:0% :0%20代男性

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

アイドルマスター シャイニーカラーズの関連トピック

月ノ美兎 樋口楓 和久井優 アイドルマスター コミュニケーション

<関連記事>

いいね!
Follow @tsuiranjp