スマホを落としただけなのに コミック 映画 書籍

『スマホを落としただけなのに』(スマホをおとしただけなのに)は、志駕晃による日本の推理小説シリーズ。既刊3巻。宝島社文庫「『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ」よりシリーズ第1弾『スマホを落としただけなのに』が2017年4月20日に、第2弾『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』が2018年11月6日に、第3弾『スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス』が2020年1月9日に刊行された。
スマホを落としただけなのに」 (2020/3/23 18:22) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.02.18

:0% :0%30代男性

スマホを落としただけなのにに関するツイート数は前日に比べ21%減少、書籍ランキングでは前回より1ランクアップし1位となりました。これは過去7日間で最も高い順位でした。男女比は変わらず、本日も30代男性の皆さんからのツイートが最も多いです。前日は「鈴木拡樹」に関する評判が話題でしたが、本日話題になっているキーワードは「プーさん」です。
プーさん 鈴木拡樹 イチゴ iPad デッドプール ドクター・ストレンジ 治療法 白石麻衣 めぐみん 千葉雄大

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

<関連記事>

<最新記事>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp