クリード 炎の宿敵 映画

『クリード 炎の宿敵』(クリード ほのおのしゅくてき、原題:Creed II)は、2018年制作・公開のアメリカ合衆国の映画。 『ロッキー』シリーズのスピンオフ映画『クリード チャンプを継ぐ男』の続編。日本では2019年1月11日公開。 敵役として、『ロッキー4/炎の友情』(1985年公開)でアポロ・クリードやロッキーと対戦したイワン・ドラゴと、その息子のヴィクター・ドラゴが登場する。イワン役は『ロッキー4』と同じくドルフ・ラングレンである。また、ブリジット・ニールセンもイワンの妻ルドミラ役を再び演じている。
クリード 炎の宿敵」 (2020/2/14 16:23) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.01.06〜(02週)

:0% :0%30代男性

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

<関連記事>

<最新記事>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp