パーシヴァル トレンド

パーシヴァル卿(Sir Perceval / Percival) はアーサー王伝説に登場する円卓の騎士の一人。聖杯探索の関連で最も有名な人物の一人。多くの国で長い時代に亘り語り継がれたため、言語・作品によってパーシヴァル、パースヴァル(以上英語)ペルスヴァル、ペルレスヴォー(以上フランス語)、パルジファル、パルツィファル、パルツィヴァール、パルチヴァール(以上ドイツ語)など様々な呼び方がある。ペルスヴァル(Perceval)の語源としては、 perce(貫く)+val(谷)、すなわち「谷を駆け抜ける者」が有力である。ウェールズに伝わる伝説の英雄ペレドゥルを原型と見なす見方がある。 物語・版によりパーシヴァルの出生には様々な設定があるが、ほとんどの場合に高貴な出生で、父はペリノア王(マロリー『アーサー王の死』)あるいはガハムレトという設定。母は名前が出てこない場合もあるが、物語において重要な役割を担う。また家族や一族として様々な人物が登場する。彼の姉は無名であったり物語によりディンドランとも呼ばれ、聖杯捧持の役を担う場合もある。 彼がペリノアの息子の話ではトー卿、アグロヴァル卿、ラモラック卿、ダーナー卿という兄弟が登場する。 また、息子に白鳥の騎士、ローエングリンが登場する場合(ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハ『パルチヴァール』巻末に「ロヘラングリーン」の名で)もある。
パーシヴァル」 (2020/5/16 16:42) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.05.18〜(21週)

:0% :0%30代男性

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

<最新記事>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp