十角館の殺人 コミック 書籍

『十角館の殺人』(じゅっかくかんのさつじん)は、推理作家・綾辻行人のデビュー作品である長編推理小説。1987年に出版され、「館シリーズ」の第1作となる。 日本のミステリー界に大きな影響を与え、新本格ブームを巻き起こしたとされる。この小説の登場を期に、本格ミステリ界では「綾辻以降」という言葉が使われるようになった。累計発行部数は、100万部を突破している。 「十」は「じっ」と読むのが正しいが、講談社文庫版によれば、「じゅっ」と読む。 清原紘作画による漫画版が、『月刊アフタヌーン』(講談社)にて、2019年10月号から連載中。
十角館の殺人」 (2020/5/21 19:27) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.06.06 21:00

:0% :0%-男性

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

<最新記事>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp