吉田沙保里 スポーツ

吉田 沙保里(よしだ さおり、1982年〈昭和57年〉10月5日 - )は、日本の元女子レスリング選手で現在は指導者。女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ。2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞を成し遂げた。紫綬褒章受章者(2004年、2008年、2012年)。父親はレスリング選手・指導者の吉田栄勝。 中京女子大学(現・至学館大学)卒業。同大学元副学長。学位は学士 (健康スポーツ科学)。そのほか名誉学位・称号として名誉修士(中京女子大学)を有する。 2016年リオデジャネイロオリンピックでは日本選手団主将を務めた。また、2016年9月には現役を続行しつつレスリング女子日本代表コーチに就任した。
吉田沙保里」 (2020/11/17 13:25) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.07.27〜(31週)

:0% :0%10代男性

関連商品を見る

よしださおり

レスリング選手、指導者
1982年10月5日生まれ
三重県出身

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

吉田沙保里の関連トピック

Instagram 霊長類最強 ドラゴンボール ZIP! 時代

<関連記事>

いいね!
Follow @tsuiranjp