夜のピクニック 書籍

『夜のピクニック』(よるのピクニック)は、恩田陸の長編青春小説。『小説新潮』2002年11月号から2004年5月号に連載、2004年7月30日に新潮社より刊行された。高校生活の最後を飾る伝統行事「歩行祭」を舞台に、80kmの道のりを親友たちと夜を徹し歩く非日常の中で浮き彫りとなる青春の光と影を描く。第2回本屋大賞、第26回吉川英治文学新人賞受賞作。 およびこれを原作とした日本映画および音楽劇である。
夜のピクニック」 (2020/9/30 23:01) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.09.28 08:00

:0% :0%40代男性

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

夜のピクニックの関連トピック

深作欣二 深作健太 インシテミル 黒い雨 音楽劇

<関連記事>

いいね!
Follow @tsuiranjp