家族ゲーム コミック

『家族ゲーム』(かぞくゲーム)は、本間洋平作の日本の小説。1981年の第5回すばる文学賞を受賞した。またそれを原作とした映画、およびテレビドラマ。 1982年、テレビ朝日にてこの小説を原作とする2時間ドラマが制作される(主演は鹿賀丈史)。後に松田優作主演の映画、長渕剛主演の連続テレビドラマで有名となり、2013年には28年ぶりに連続テレビドラマが放送された(主演は櫻井翔)。 なお、テレビドラマの詳細については「家族ゲーム (テレビドラマ)」を参照。 多くの問題を抱えた家族が受験に振り回される様子をシュール・コミカルに描いている。
家族ゲーム」 (2019/12/6 01:27) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.02.10〜(07週)

:0% :0%40代男性

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

<関連記事>

<最新記事>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp