悲しみよこんにちは 音楽 書籍

『悲しみよこんにちは』(かなしみよこんにちは、フランス語: Bonjour Tristesse ボンジュール・トリステス)は、1954年に発表されたフランスの作家フランソワーズ・サガンの小説。サガンが18歳のときに出版された処女作である。題名はポール・エリュアールの詩「直接の生命」の一節から採られている。17歳の少女セシルがコート・ダジュールの別荘で過ごす一夏を描く。22か国で翻訳され、世界的なベストセラーとなった。ル・モンド20世紀の100冊の1つに数えられる。 1957年に映画化され、ジーン・セバーグがセシルを演じた(映画『悲しみよこんにちは』参照)。その際の短い髪型が流行し「セシルカット」と呼ばれブームになった。 また、日本では、1967年に舞台を那須高原に置き換えた、梓英子主演のテレビドラマが制作されている。
悲しみよこんにちは」 (2020/8/3 19:28) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.09.14〜(38週)

:0% :0%40代男性

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

悲しみよこんにちはの関連トピック

斉藤由貴 めぞん一刻 YouTube サガン鳥栖 玉置浩二
いいね!
Follow @tsuiranjp