潰瘍性大腸炎 トレンド

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん、英: Ulcerative colitis、略: UC)は、主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患。クローン病(英語: Crohn's disease、略: CD)とともに炎症性腸疾患(英語: Inflammatory bowel disease、略: IBD)に分類される。 大腸粘膜に潰瘍やびらんが多発することで、血便を伴う下痢や激しい腹痛などの症状が現れる炎症性慢性疾患。発症原因が不明であることや、重症化すると大腸摘出手術が必要になったり、最悪の場合は死亡するケースもあることから、厚生労働省から難病(旧 特定疾患)に指定されている。 消化管全体に炎症反応が起こり得るクローン病とは異なり、UCでは炎症は大腸に限局される。古くは、クローン病と同じ病因から生じる病気と考えられていたが、現在では全く病態の異なる別の病気であることが判明している。 クローン病と合わせて、2015年の時点で約1,120万人が罹患している。 毎年10万人あたり1〜20人の新規患者が発生し、10万人あたりの有病率は5〜500人である。地域的には、北米と欧州でより一般的である。初回発症の多くは15-30歳であるが、60歳以上のケースもあった。男女での発症率に差はみられない。この病気は1950年代からより一般的になった。米国においては、潰瘍性大腸炎とクローン病とを合わせ、およそ100万人が影響を受けている。適切な治療を行えば、死亡リスクは一般人とさほど変わらない。この病気の最初の記述は1850年ごろから始まった。平成25年度の患者数(医療受給者証および登録者証交付件数の合計)は約16万人とされ、毎年5,000人程度増加している。
潰瘍性大腸炎」 (2020/11/25 06:12) Wikipedia日本語版より
0tweet
2020.09.07〜(37週)

:0% :0%40代男性

人気のツイート ※表示されているRT数は特定時点のものです

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。こちらのデータはAPIでも販売しております

潰瘍性大腸炎の関連トピック

フランス 安倍晋三 難病 朝日新聞 首相

<関連記事>

いいね!
Follow @tsuiranjp